手すりで歩行サポート

手摺り

高齢者のための手摺について

手すりは高齢者などの身体能力が低下している人にお勧めのものです。手すりがあることによって歩行を楽にしてくれ、怪我の危険性を避けるために有効です。何気なく設置しておくことが家族の支えにもなりますので適切な手すりを選ぶ必要があります。廊下の滑りや転倒による怪我を防いでくれるためとても大切です。新築住宅には階段に手すりが設置されることが義務づけられるほど重要なものとなっております。階段だけでなく便所や浴室なども立り座りの動作がしやすくなったりするため体のバランスをサポートしてくれます。そのため、身体障碍者以外にも通常の人でも効果的に利用することができます。暗いところでも手すりがあることによってしっかりと周囲の状況を把握できます。

手すり設置のポイントについて

手すりの設置には使用する人の体に合わせて使いやすい高さを心掛けることがポイントです。また、握りやすい形状や太さなどがあるため様々な種類で確かめておき設置することがお勧めです。設置する壁は力がかかるためしっかりとした補強を行っておくことが重要です。特に便所ではよろけてしまいがちなのでしっかりとした手すりを設置しておくことで安全性を保つことができます。極めて狭い空間で複雑な動作が多いところほど設置しておくと安心して作業を行うことができます。浴室などの湿気が多いところでは手すりの素材にも注意しておくことがポイントです。カビてしまったり、錆などにもかかってしまう可能性があります。滑って転倒しないように設置個所への注意も重要です。

Copyright© 2017 リフォームで他の家に差を付ける【イメチェン大作戦】 All Rights Reserved.