生活費を安くする

給湯器

オール電化リフォームの特徴

リフォームの中でもオール電化リフォームが人気を集めています。オール電化にする理由は、光熱費を安くする目的があります。また、石油などの天然資源をできるだけ使わずに環境に優しいという点も重要です。オール電化リフォームをする場合は、ガスで動かしていたお風呂やキッチンをIHクッキングヒーターに変える必要があります。また、お風呂のお湯は、電気給湯器に変更する必要性が出てきます。では、IHクッキングヒーターの良いところはどんなところでしょうか。例えばお湯を沸かす場面で、貸すコンロと比べた場合、半分の時間と半分の料金で同じ量のお湯を沸かすことが可能になるのです。また、ガスコンロを使う場合、夏場はキッチン回りが暑かったのですが、IHヒーターならキッチン回りが暑くなることもありません。

メリットだけでなく問題点も知っておこう

電気給湯器のメリットは、災害時などの時に生活用の水がなくなった場合、電気給湯器に貯めてあるお湯や水を生活用水として使うことが可能になります。これらのオール電化リフォームのメリットに対して問題点があることも知っておきましょう。問題点の一つに昼間の電気代が高くなるというものがあります。また、IHクッキングヒーターを使う場合、専用の鍋しか使うことができないため、今まで持っていた鍋が使えなくなってしまいます。また、オール電化にしたことで、停電が起こった場合には何もすることができなくなってしまうのです。それ以外でも、エコキュートなどの電気温水器には設置スペースが必要ですが、設置スペースがない住宅もあり、設置がすでに困難な場合もあるのです。

Copyright© 2017 リフォームで他の家に差を付ける【イメチェン大作戦】 All Rights Reserved.