古くなった家を改善

部屋

リフォームの種類について

住宅をリフォームする場面は大きく3つに分かれます。一つが住宅が老築化したからというものです。住宅も建築から10年も経過すれば少しずつ劣化箇所が明らかになってきます。20年もすればあちこち修理をしなk得れば済みにくくなるものです。そこで、リフォームをして、住宅を購入時のようにピカピカにします。 また、最近は老人が増えているため、住宅をバリアフリー化する世帯も増えています。あるいは、自分たちが住宅を購入したころはまだ40代だったけども、20年も経つうちに住宅も痛みが激しくなると同時に、60代になるとバリアフリーについても考えなければならないのです。 さらに、最近は地震が多いため、耐震補強をする住宅が増えてきています。

その価格について知っておこう

では、リフォームの価格はどれくらいでしょうか。 全面リフォームをする場合はおおよそ700万円から1000万円といわれています。これは、住宅の大きさやその素材をどれにするかにもよるので、一概には言えないところですが、おおよそ1000万円もあれば全面リフォームは可能です。 バリアフリーについては手すりを一個付ける程度なら3万円から5万円でできます。 エレベーターをつけるとなると200万円から300万円はかかります。 耐震補強のリフォームは20万円から300万円ぐらい幅がありますが、平均的には120万円ぐらいというデータもあります。 リフォームはそれぞれお金がかかりますので、新築を計画しているときからお金をためておくのがいいでしょう。

Copyright© 2017 リフォームで他の家に差を付ける【イメチェン大作戦】 All Rights Reserved.